Ami Ami

イタリアの家具メーカーであるKartell。同社が手がける美しく高級感のある家具は、世界中で多くの人に愛されている。こちらの記事では、Kartellの作品の中から、「Ami Ami」という椅子が持つ魅力や特徴を紹介する。

Ami Ami

イタリアの家具メーカーKartellと、日本人デザイナー吉岡徳仁氏とのコラボレーションによって生まれたAmi Ami。編み込みを表現した美しいデザインが特徴の椅子だ。

Ami Amiの特徴

織物から着想を得てデザインされた美しい椅子

Ami Amiは、プラスチック素材のひとつであるポリカーボネートを用いて「編み込み」を表現した、大胆なデザインが特徴。Kartellが持つ射出形成技術(プラスチック樹脂を加熱して溶かし、金型に射出することによって形作る成形方法)を用いることでこのデザインを実現している。
椅子の構造もデザインの一部として考えられており、足の部分は体重をかけても耐えられるようデザインされている。美しいだけでなく、実際に使用することを考慮して設計されているのも魅力的だ。
さらに、Ami Amiは椅子だけではなくシリーズとしてテーブルも発表されている。洋の素材に和の雰囲気を組み込んだ、この家具ならではの世界観に浸りたいという人は、ぜひそちらもチェックしていただきたい。

日本人デザイナーとのコラボレーション

Ami Amiは、日本人デザイナーの吉岡徳仁氏とKartellのコラボレーションによって生まれた椅子だ。
Kartellはさまざまな一流デザイナーとコラボレーションした作品を発表しているものの、日本人デザイナーとコラボレーションしたのは、このAmi Amiがはじめて。このことからも、記念すべき作品であるといえるだろう。

Ami Amiの歴史

2008年に発表され、大きな話題を呼んだAmi Amiだが、実は構想から発表までには3年以上の歳月がかけられている。この椅子の特徴である編み込みのデザインを表現するまでに2年、その後金型を完成させるまでに1年以上の月日を費やしたのだという。
もともとは透明なビニールを編むアイディアを練っていたものの、ビニールだとどうしても時間が経つと変色してしまう。そこで採用されたのがポリカーボネートだ。この素材を使用することによって、美しく透明な状態を保つことができるようになった。
そして金型作りの段階においても、わずかなデザイン変更があっただけで1から全てをやり直すことが必要になる。このように、数々の苦労が積み重ねられた上で完成したデザインなのだ。

Kartellについて

多機能でありながらも美しく、さまざまな魅力を備えたコレクションを提案するKartellは、イタリアンデザインを代表する世界的なデザイン会社として知られている。Kartellは数々の作品をデザイナーとともに作り上げているが、そこで重要な役割を果たしているのは、同社が持つ高い樹脂成形技術。この技術によって、美しく高級感のある家具が生み出されている。
さらに、Kartellの製品はただ美しいだけではない。生産の各段階にて行われる専門家のモニタリングにより、高い実用性と多機能性を実現していることもKartellの特徴といえるだろう。

Kartellのブランドストーリー

Kartellは、1949年にイタリアで誕生したブランドである。創設者のジュリオ・カステッリは、車のパーツや家庭用品などの小物の製造を手がけており、その後プラスチック加工技術を活かすことによって家具の製造を開始した。
名だたるデザイナーとのコラボレーションによって生まれる、これまでの家具とは異なる革新的なデザイン、そして美しさや可愛らしさを持った家具は世界中で注目を集めるようになり、現在では世界中に店舗を構えて美しい家具を提供し続けている。
日本でも各主要都市に店舗を構えているので、興味のある人は足を運んでみると良いだろう。

他の“名作椅子”も見るなら…

こちらの記事では、Kartellが手がける椅子「Ami Ami」の魅力をご紹介した。カルテルの持つ高い技術が生み出す美しいデザインを心ゆくまで楽しめる椅子となっている。
Ami Amiと同様に、世界中で愛される名作椅子は他にも存在している。以下のページでは、さまざまな椅子を一覧でご紹介しているので、興味のある方はぜひチェックしていただきたい。