Rolf Benz 50

Rolf Benzは人間工学に基づいて設計された抜群の座り心地と洗練されたシンプルなデザインに定評のあるチェアを展開している、ドイツを代表する高級家具ブランド。

ドイツの工業規格をクリアしているだけでなく、自社の厳しい品質基準のもと、厳選された素材でドイツの熟練職人の技と先進のエンジニアリング技術を駆使した家具を製造している。

高品質で高い耐久性を誇る数々の家具は、世界50カ国以上に提供されている。

Rolf Benz 50

画像引用元:https://www.rolf-benz-tokyo.jp/products/rolf-benz-50/

Rolf Benz 50はRolf Benzの50周年記念モデルで、同社のデザインアイコンである代表モデル、Addiform(アディフォルム)を進化させたもの。

積み上げてきた技術とノウハウ、先進のエンジニアリングを融合させ、最高級の座り心地を実現したソファとなっている。

Rolf Benz 50の特徴

最高級の座り心地と革新的なリラックス機能

Rolf Benz 50では、帯状のアンダースプリング・その上に配置された相互に作用するポケットスプリングコア・高品質低温フォーム層の多層クッション構造により最高級の座り心地を実現。

スポンジに対して正確に切れ目を入れた背もたれもまた座面部にぴったりと合い、快適な座り心地を生み出している。

リラックス機能では、先進のガススプリング技術により背もたれを押すだけで無段階式に、普通のポジションからリクライニングポジションに調節できるオプションもある。

リクライニング時は背もたれの面積が最大 12cmまで拡大するため、一層広い面に体をあずけてくつろぐことも可能だ。

また、細部までこだわりぬいた仕上げでは張り地の特殊な折りたたみ裁縫の技術、刺し子縫いやダブルステッチなど、手のかかる繊細な加工が多数施されている。

豊富なレイアウトオプション

Rolf Benz 50はシングルソファー、各種の連結型ソファー・コーナーソファーの張地を200種類以上のファブリックや、100種類以上のレザーから選択可能。

オプションとしてシートの奥行きを2種類から、クッション構造を2種類から、脚部の仕様を3種類から選ぶこともできる。

豊富なレイアウトオプションから、自分好みのソファを作り上げることが可能だ。

Rolf Benz 50の歴史

1964年に創業したRolf Benzは、同年、システム型ソファモデルAddiform(アディフォルム)を発表。

Addiform(アディフォルム)は世の中のライフスタイルの変化を見越し、創業者であるベンツ氏が開発したもので、新しい生活様式にマッチしたAddiform(アディフォルム)は大ヒット。

以降、Addiform(アディフォルム)は同社のデザインアイコンであり代表モデルとなる。

Rolf Benzが創業50周年を記念して、Addiform(アディフォルム)の後継モデルとしてリリースしたのがRolf Benz 50である。

Rolf Benz 50はAddiform(アディフォルム)の進化版と言ってもいいモデルで、世界的に高い評価を受けている。

Rolf Benzについて

ドイツの高級ソファブランドの代名詞ともなっているRolf Benz。

人間工学に基づき、先進の技術を用いて設計されたソファは抜群の座り心地を実現。

その品質はDGM(ドイツ家具品質保証協会)とドイツ環境庁(ブルーエンジェルマーク)からも認定されており、公共の場所でも使用できる耐久性も備えている。

縫製など先部までこだわりぬいた仕上げが施され、ファブリックやレザーは多くの中から選ぶことができる。

多様化する現在のライフスタイルに合わせた豊富な品ぞろえと流行に左右されないシンプルなデザインは世界中から愛されている。

Rolf Benzのブランドストーリー

Rolf Benzは1964年、椅子職人ロルフ・ベンツ氏がドイツ南西部にある「黒い森」地域のナーゴルト市に設立した会社だ。創業当時の社員数はわずか35名。

椅子職人であったロルフ・ベンツ氏は、L字型に配置可能なコーナーソファAddiform(アディフォルム)を開発・発表。

このソファは、テレビの普及によりリビングが、客人を接待する応接間としての役割だけでなく、家族が集まり会話やテレビを楽しむ空間としての役割をもつだろうとの予測のもと開発された。

ほどなくしてAddiform(アディフォルム)は大ヒットを収め、1971年にはケルン国際家具見本市に初出展を果たす。その後、ヨーロッパ市場にも進出し、90年代にはドイツを代表する高級ソファブランドとして名が知られることとなった。

2000年代には、商品ラインアップにテーブル類・椅子・カーペットとクッションなどのアクセサリー類を加え、世界市場へ進出。

豊富なラインアップや品質・デザインが評価され世界各国のショップで販売されるようになる。現在では、50カ国以上の約600社の販売パートナーと組み、最高級家具を提供している。

他の“名作椅子”も見るなら…

名作家具にみられる特徴の一つとして、機能性に優れ、流行に左右されないベーシックなデザインでありながら魅力的であることがあげられる。

Rolf Benzは人間工学に基づいて設計された抜群の座り心地と洗練されたシンプルなデザインが世界的に高く評価されている家具ブランドである。

優れた機能性を支えるのは素材の良さや熟練職人の技、先進のエンジニアリング技術である。名作家具にどのような素材や加工・技術が用いられているのか知っておくことで本当の家具の良さやデザインを理解することができる。

以下のページで、本物の名作家具に触れてみてはいかがだろうか。