Aluminum Group Chairs(アルミナムグループチェア)

こちらのページでは、有名家具メーカーであるHerman miller(ハーマンミラー)によって提供されている「Aluminum Group Chairs(アルミナムグループチェア)」を紹介。
どのような特徴を持った椅子なのか、その魅力に迫ってみよう。

Aluminum Group Chairs(アルミナムグループチェア)

発売以来高い人気を誇るチェア。
優雅なシルエットが特徴の一つで、そのようなインテリアにも馴染むという魅力を持っている。家庭・オフィス問わず、インテリアに自然に馴染むので、どのような場所に配置したとしても、デザインの美しさを楽しむことができる。

Aluminum Group Chairsの特徴

伝統的な椅子

Aluminum Group Chairsは、「傑作中の傑作」と言われている椅子。
ワークチェアとしてはローテクであるにもかかわらず、非常に美しいデザインに仕上がっている点が人気の秘密と言える。伝統的なレザー張り、左右にラインが入ることによって洗練されたデザインに。
このレザー張りは、長い期間使用していると、座る人の体型や使い方に合わせてレザーが適度に伸び、さらに衣服と擦れることによって磨かれることで美しいツヤが出てくるようになるのだ。

長時間快適に座られる

座面パッドは、ファブリックもしくはレザーの張地による層状の構造になっている。もともとはメッシュ素材となっていたものの、その後ブラックレザーへ変更。
さらに、現在はオプションとして「シグナス」と呼ばれる張地も用意されているが、これは通気性が良い上に体重を均等に分散することができるため、長時間快適に座ることができる。

Aluminum Group Chairsの歴史

Aluminum Group Chairsは、もともと1958年に屋外向けのプロダクトとしてデザインされたチェア。
デザインを担当したのはチャールズ & レイ・イームズ。50年以上の時を経ても全く色褪せない歴史的な名作であり、現在は屋内でも使用されるプロダクトとなっている。
住宅はもちろん、上品な印象のあるオフィス空間など、さまざまな場所に溶け込むことができるチェアだ。

Herman Millerについて

Aluminum Group Chairsを提供しているHerman Millerは、100年以上の歴史を持つ企業。
インテリアに興味のある方であればその名を知らない人はいないと言われるほどに、世界的に有名な家具メーカーだ。
米国ミシガン州に本社を構えており、オフィスチェアの他にもデスクやソファ、キャビネット、インテリア雑貨など多くのプロダクトを提供している。

Herman Millerのブランドストーリー

ハーマンミラーの歴史は、1923年にハーマン・ミラーが当時働いていた会社を買い取って「ハーマンミラー・ファニチャー・カンパニー」に改名したところに遡る。
もともとは寝室家具の製造を手がけていた同社は、経営を立て直す目的でモダンなオフィス家具メーカーへ。1945年にはジョージ・ネルソンをディレクターとして迎え、その後は多くのデザイナーとコラボレーションを行っている。コラボレーションしたデザイナーには、チャールズ&レイ・イームズやイサム・ノグチなどがいる。
同社は当時のモダン家具業界に大きなインパクトを与え、現在もさまざまな製品を世に送り出し続けている。

他の“名作椅子”も見るなら…

このページでは、多くのモダンな家具を提供しているHerman MilleのAluminum Group Chairsを紹介してきた。
この椅子は発表以来非常に長い期間支持されているチェアであり、今後も多くの人を魅了していくであろう名作。高い機能性、耐久性、そしてデザイン性を兼ね備えており、インテリアにも自然と馴染む点が大きな魅力と言える。
もちろん、名作と言われる椅子はこのAluminum Group Chairsだけではない。下記のページでは、世界で名作と言われている椅子を多数紹介している。ぜひ参考にしていてほしい。